So-net無料ブログ作成

アイスホッケー男子日本代表  クロアチアに大勝 [アイスホッケー]

2022年の北京冬季オリンピック出場を目指す
アイスホッケー男子日本代表は3次予選グループGでクロアチアと対戦。

日本は試合を終始優位に進めゴールラッシュ。
9ゴールをあげ、守っても先発GK福藤豊(栃木日光アイスバックス)と
第3ピリオドから出場した成澤優太(王子イーグルス)のリレーで完封。

日本は9対0でクロアチアに大勝した(4-0, 2-0, 3-0)。
シュート数は日本の56-15(21-2, 17-6, 18-7)

グループの優勝候補スロベニアはリトアニアを12対2で一蹴。

日本は今夜23時30分からリトアニアと対戦する。
近年の対戦成績から接戦が予想される。
今大会の試合は YouTube でライブ配信している(実況・解説はなし)。

北京オリンピック予選ラウンド・3次予選グループG
開催国:スロベニア 時間は日本時間(+8時間)
2月6日 日本 9−0 クロアチア 29位
2月7日 23時30分 対リトアニア 24位
2月9日 27時(10日午前3時)対スロベニア 18位
*日本の世界ランキングは23位
*総当たりリーグ戦で1位のチームが8月の最終予選に進出
*最終予選は4カ国の総当たりで優勝チームが本大会に出場



nice!(10)  コメント(0) 

シャークス フレームスに逆転勝ち [San Jose Sharks]

サンノゼ・シャークス(San Jose Sharks)
現地4日、カナダ・アルバータ州カルガリーでフレームス(Calgary Flames)と対戦。

シャークスは53試合22勝27敗4延長負け、勝ち点は48ポイント。
フレームスは53試合27勝20敗6延長負け、勝ち点は60ポイント。

両チーム一試合平均の
得点:シャークス 2.5 フレームス 2.7
失点:シャークス 3.3 フレームス 3.0

シャークスの先発GKは、アーロン・デル(#30 Aaron Dell)。



第2ピリオド開始早々にフレームスがジョニー・グードロー(#13 Johnny Gaudreau)のゴールで先制。
しかし、シャークスはDFバーンズ砲(#88 Brent Burns)で追いつくと、ケイン(#9 Evander Kane)のゴールで逆転!

第3ピリオド、シャークスがラバンク(#62 Kevin Labanc)のゴールで突き放す。

GKデルの好守が光った試合、シャークスは3対1で勝利をあげた。

次戦は現地6日にカナダ・アルバータ州エドモントンでオイラーズと対戦する。

FWレトゥノフがNHLデビュー

この試合でFWマキシム・レトゥノフ(#84 Maxim Letunov)がNHLデビューを果たした。
レトゥノフは1996年2月20日生まれ、ロシア・モスクワ出身の23歳のフォワード。
2012年から北米のリーグでプレー。
2014年のドラフトでセントルイス・ブルースが全体52番目で指名される。
その後も北米マイナーリーグでプレー、昨シーズンよりサンノゼ・バラクーダ(シャークスのマイナーチーム)でプレーし、2020年2月4日カルガリー・フレームス戦でNHLデビュー。



nice!(10)  コメント(0) 

シャークス GKデルの攻守も実らず完封負け [San Jose Sharks]

サンノゼ・シャークス(San Jose Sharks)は
現地1日、地元サンノゼでタンパベイ・ライトニング(Tampa Bay Lightning)と対戦。

シャークスは52試合22勝26敗4延長負け、勝ち点は48ポイント。
ライトニングは51試合31勝15敗5延長負け、勝ち点は67ポイント。

ライトニングは昨シーズンのレギュラーシーズンを圧倒的な強さで首位通過。
しかし、プレイオフではよもやの初戦シリーズで1勝もできずに敗戦を喫した。
その影響?今シーズン開幕後しばらくは調子が上がらなかったが、徐々に調子を上げ実力にふさわしい上位に進出。
直近17試合で14勝をあげている。

両チーム一試合平均の
得点:シャークス 2.6 ライトニング 3.6
失点:シャークス 3.3 ライトニング 2.8

シャークスの先発GKは、1月のプレイヤー・オブ・ザ・マンスに選ばれたアーロン・デル(#30 Aaron Dell)。



序盤からライトニングが攻勢。
第1ピリオド、シュート数でもライトニングが圧倒も(13-2)、GKデルが再三の好守で得点許さず。

第2ピリオド、4分にライトニングが先制。
シャークスも反撃するも(シュート数 18-8)得点をあげられず。
GKデルの攻守もあり最小得点差で第3ピリオドへ。

第3ピリオド、残り2分にライトニングに追加点を決められ万事休す。
最後はエンプティネット・ゴールを決められ、シャークスは0対3で完封負けを喫した。

次戦は現地4日にカナダ・カルガリーでフレームスと対戦する。

nice!(12)  コメント(0) 

アイスホッケー男子日本代表、北京オリンピック予選に挑む [アイスホッケー]

2022年2月に中国・北京で開催される冬季オリンピック。
2月6日からスロベニアで、男子アイスホッケー競技の予選ラウンド・3次予選グループGがおこなわれる。

オリンピック本大会の出場枠は”12”。
うち世界ランキングの上位8カ国と開催国・中国の出場が決まっており
日本代表チーム残り3つの枠を目指す。

北京オリンピック予選ラウンド・3次予選グループG
開催国:スロベニア 時間は日本時間(+8時間)
2月6日 23時30分 対クロアチア 29位
2月7日 23時30分 対リトアニア 24位
2月9日 27時(10日午前3時)対スロベニア 18位
*日本の世界ランキングは23位
*総当たりリーグ戦で1位のチームが8月の最終予選に進出
*最終予選は4カ国の総当たりで優勝チームが本大会に出場

開催国枠で出場した長野オリンピック以来、出場を果たせていない男子日本代表。
それどころか世界選手権など、国際舞台での成績は下降線を辿っているのが現状。

アイスホッケーに限らず、マイナー競技が注目を集めるには日本代表チームの活躍が必要。
クロアチア、リトアニアに勝利し、開催国でもある難敵スロベニアに挑みたい。

nice!(10)  コメント(0) 

シャークス FWハートル負傷により今季絶望 [San Jose Sharks]

昨日のカナックス戦で負傷したサンノゼ・シャークスのFWハートル(#48 Tomas Hertl)。
負傷箇所は膝の靭帯で、今シーズンの残り試合を欠場することが発表された。

先のキャプテンのクチュール(#39 Logan Couture)の離脱(シーズン中には復帰予定)につづき
チームの重要なポイントゲッターが負傷により離脱。

レギュラーシーズンの残り試合は30試合、今シーズンのプレイオフ出場をあきらめるような状況ではないが
ヘッドコーチ交代後も下位から浮上できない状態がつづいているシャークスにとっては大きな痛手だ。

これを受けてシャークスGMのダグ・ウィルソンは
リーグのトレード期限(2月24日)に向けて計画を練っていることをコメントしている。

nice!(11)  コメント(0)