So-net無料ブログ作成

サハリン6連勝で首位に。東北フリーブレイズは5連敗 [アイスホッケー]

週末のアイスホッケー・アジアリーグ
ネット配信で東北フリーブレイズ、栃木日光アイスバックスの試合を観戦。

日本勢3チームがロシア・韓国勢を迎え撃ったが・・・

栃木日光アイスバックス 1勝1敗 デミョン・キラーホエールズ
東北フリーブレイズ 0勝3敗 サハリン
ひがし北海道クレインズ 0勝3敗 アニャン・ハルラ

昨シーズンの王者サハリンは開幕から6連勝で首位に。

応援している東北フリーブレイズは開幕から未勝利の5連敗。


今シーズンのアジアリーグもロシア・韓国勢による優勝争いになりそう。
日本勢では王子イーグルスが優勝争いに食い込めるか!?

デミョン・キラーホエールズ(韓国)は創設4シーズン目。
3シーズン目の昨シーズン、レギュラーシーズンで6位から1位へ。
レジャー産業を中心とした企業グループ・デミョンの支援で急成長。

アジアリーグ順位表:
1 サハリン 勝点17(6試合)
2 アニャン・ハルラ 勝点15(7試合)
3 王子イーグルス 勝点11 (7試合)
4 ひがし北海道クレインズ 勝点10(8試合)
5 栃木日光アイスバックス 勝点9(8試合)
6 デミョン・キラーホエールズ 勝点3(3試合)
7 東北フリーブレイズ 勝点1(5試合)

nice!(12)  コメント(0) 

東北フリーブレイズ 開幕3連敗、サハリンは4連勝 [アイスホッケー]

9月26日(木曜)、アイスホッケー・アジアリーグ、応援している東北フリーブレイズと昨季王者サハリン(ロシア)の試合をネット配信(応援.TV)で観戦。

昨季、最下位に沈んだ東北フリーブレイズ。
開幕シリーズは王子イーグルスに連敗(2-3, 0-6)。9月1日以来の試合。

サハリンは開幕となった9月21日から23日まで
栃木日光アイスバックスにアウェイで3連勝(3-0, 2-0, 5-4)。

試合はサハリンが3点を先行。
追うフリーブレイズも第2ピリオド、新戦力のFWパーナムとDFデニーのゴールで1点差まで迫るが、第3ピリオドに突き放され2-5で敗れ開幕3連敗、今季初勝利はお預け。

サハリンはアウェイで開幕から4連勝、今季も優勝の最有力候補になりそうだ。

同日、帯広でおこなわれた
ひがし北海道クレインズとアニャン・ハルラ(韓国)はハルラが6−0で快勝。

週末は3カード(アイスバックス対キラーホエールズ、クレインズ対ハルラ、フリーブレイズ 対サハリン)がおこなわれる。

アジアリーグ順位表(上位3位まで):
1位 王子イーグルス 11ポイント(7試合)
2位 サハリン 11ポイント(4試合)
3位 ひがし北海道クレインズ 10ポイント(6試合)
*1位と2位は総得点の順による

nice!(16)  コメント(0) 

ラグビーW杯 日本がロシアに勝ち白星発進 [ラグビー]

日本開催のラグビー・ワールドカップが開幕。日本は開幕戦でロシアと対戦。

先制はロシア!
緊張からか前半の日本はミスが多い。
日本は松島幸太朗のトライで逆転するも相変わらずミスが多く苦戦。
やきもきしながら観戦していたが、前半終了間際に再び松島がトライを決めて逆転!

前半:日本 12-7 ロシア

後半、日本は本来の力を発揮。
田村優がペナルティゴール(PG)、ピーター・ラブスカフニがトライを決めて加点、ロシアを一気に突き放す(20ー7)。

ロシアの反撃の時間帯もPGによる3失点に抑え、松島がこの試合3つめのトライ!!!

日本は 30-10 でロシアに勝利をあげた。

勝利による4ポイント、1試合で4トライ以上によるボーナスポイント1を加え、5ポイントを獲得。



日本が所属するプールAは、
日本(10位)、アイルランド(1位)、スコットランド(7位)、サモア(16位)、ロシア(20位)
*()内は世界ランキング
上位2カ国が決勝トーナメントに進出する。

日本は下位ランキングのロシアとサモアに勝ち、強豪国アイルランドとスコットランドの両方、もしくはどちらかに勝たなくてはならない。

次戦は9月28日(土曜)、アイルランドと対戦する。

nice!(16)  コメント(0) 

新生クレインズが北海道対決を制し連勝 [アイスホッケー]

9月14日・15日、アイスホッケー・アジアリーグ
王子イーグルスが本拠地・苫小牧に、ひがし北海道クレインズ(釧路市ほか)を迎え撃ち、北海道対決がおこなわれた。

王子イーグルスのYouTubeの公式チャンネルでライブ配信され両日観戦した。

試合は両日とも同じ試合展開で進む。
地元・王子イーグルスが優勢に進め、クレインズは自らのペナルティでさらに数的不利な状況から守勢に回る時間帯が多い。

しかし、クレインズは好守連発のラトビア人GKヤニス・オージンシュを中心に粘り強いディフェンスでイーグルスの攻勢をしのぎ逆にゴールを奪い、クレインズが 2-1、3-2で接戦を制して2連勝。


これでクレインズは勝ち点を10ポイント(3勝1延長負け1敗)で首位に立った
(ただし日程の関係で各チームの試合数が異なる)。

1位 ひがし北海道クレインズ 10ポイント(6試合)
2位 王子イーグルス 5ポイント(5試合)
3位 栃木日光アイスバックス 5ポイント(3試合)

日本製紙の企業チームから独立プロチームへと生まれ変わったクレインズにとって上々の滑り出し。

日本勢のタイトル奪還なるか!?

次週(9/21-24)は、栃木日光アイスバックスが昨季の王者サハリン(ロシア)
王子イーグルスが過去4シーズンで3度優勝のアニャン・ハルラ(韓国)を地元に迎え撃つ。

ここ4シーズン、二強(ハルラとサハリン)に跳ね返されている日本勢。
今季も二強がリードする流れになりそうだが、日本勢の反撃を期待したい。

nice!(18)  コメント(0) 

シャークス 新キャプテンにローガン・クチュール [San Jose Sharks]

現地10月2日に新シーズンが開幕する北米のプロ・アイスホッケーリーグ NHL
開幕まであと半月あまり、来週からはプレシーズンマッチも始まる。

応援しているサンノゼ・シャークス(San Jose Sharks)はこの夏、
昨シーズンまで4シーズンに渡りチーム・キャプテンを務めた
ジョー・パヴェルスキー(Joe Pavelski 35歳)がフリーエージェントとなり、新天地ダラス・スターズ(Dallas Stars)に移籍。

3年契約を望むパヴェルスキーと、2年契約を掲示したシャークスで折り合わなかっと言われている。
ダラス・スターズはパヴェルスキーと3年契約を結んでいる。



新シーズンからの新キャプテンには大方の予想通り
FWローガン・クチュール(#39 Logan Couture)が務めることに。

クチュールは1989年3月28日生まれの30歳。カナダ・オンタリオ州出身。
2007年のドラフトでシャークスが全体9位で指名、2009年10月25日のフィラデルフィア・フライヤーズ戦でNHLデビュー。
同年11月5日のデトロイト・レッドウィングス戦で初ゴールを決めている。

以降、シャークスで10シーズンに渡り活躍中。
663試合出場、240ゴール&267アシストを記録している。

nice!(15)  コメント(0)